好評のスクールランチ、もっと利用を!

2017年7月12日 00時06分 | カテゴリー: 活動報告


写真左:麺弁当 (季節限定380円)

写真右:なでしこ(女子向き350円)

 

7月4日、伊勢原市内4中学のひとつ伊勢原中学校でスクールランチの試食会が開催され、教育委員会職員の方々と一緒に味わいました。伊勢原中学のスクールランチの利用率は平均2.1%程度、メニューは、普通食、特食(1品プラス)、なでしこ(女子向き)、カレー、麺弁当(季節限定)等で、値段は350円~440円です。試食会に参加した2人の保護者から感想を聞きました。

 

4種の弁当やカレーは、どれも美味しそうで見た目も鮮やか!野菜や魚、季節の果物等が各々のメニューに添えられているのも工夫が感じられます。選べる楽しさ、充実したメニューバリエーション、ほんのり温かさが残る内にご飯を頂けるのは、生徒も先生方にも好評なのは頷けます。

私の子供達が伊勢原中学校へ通うまであと数年ありますが、弁当作りが間に合わなかった際は安心してスクールランチを申し込める!と実感しました。なのに認知度はまだまだ低く、スクールランチのイメージに誤解があるのも判明したので、もっと安心して利用家庭が増える工夫が必要であると感じました。弁当を持参出来なかった生徒へ、取り敢えずお腹を満たすだけの学校の「おまけサービス的存在」で済ますのか、どこまで想い真剣に食と向き合うのか、学校がどれだけ意識を向けられるかが問われているように感じました。たかが弁当、されど弁当。

                                                                                          宮下優子

 

伊勢原中学のスクールランチは、メニューが豊富で驚きました。特に季節限定の「麺弁当」と女子向きの「なでしこ弁当」は料金的にも割安と感じるほどです。美味しくて、品数が多くボリュームもあります。2週間分の献立表が前もって配布されていますが、注文時にも見る事ができるので、生徒にとって選びやすく配慮されていると感じました。

また、弁当は使い捨てのプラ容器ではなく、箱形の容器に盛られているので暖かさが伝わり、期待感も高まります。生徒の間でもメニュー等が話題にもなるらしく、時には注文数が数倍に伸びることがあるそうです。勉強や部活の合間の楽しさに一役買っていることが推察され、率直にいい感じであると思いました。

                                                                     田中美紀