2015 自治労県央ブロック春闘決起集会に出席しました。

2015年3月23日 21時39分 | カテゴリー: 活動報告

 

 毎年春に産業ごとの労働組合が一斉にベースアップや労働条件の改善について経営者側と交渉する春闘ですが、今年も政府介入の官製春闘との批判があります。一部の大企業は高水準のベースアップとなっていますが、それは全勤労者のうちの3割にすぎません。また、労働者のうち非正規雇用の占める割合は4割近くに達しており、女性の労働環境にも様々な課題が指摘されています。経済の好循環にいたるためには、非正規雇用者や女性の労働環境の向上が重要なことです。誰もが希望を持って働き、「ワークライフバランス社会」形成を進めることが必要です。