伊勢原市第5次総合計画(案)について  ~女性の力を活かそう~

2013年5月9日 21時27分 | カテゴリー: 活動報告

 平成25年度から第5次総合計画が始まります(市長交代のため,策定作業が延長).伊勢原市議会では,特別委員会を設置して真に市民のための総合計画となるように,集中的に審議を行ってきました.人口減少や少子高齢化が進み,財政的にも厳しい中,誰もが希望をもって暮らせる事,助け合い協力し合い安心につなげる事,自然や環境を守りながらまちが発展することなどの目標を掲げています.

 しかし,諸外国との比較で再三指摘されている日本特有の問題は,「女性の社会進出や社会参加」がなかなか進まない事で,政治や司法への参画,各種職場の管理職や団体における意思決定の場での女性が占める割合は依然として不充分なままです.人口の半分は女性であるのに,重要な事を決定する場に女性が充分参加していないことは,女性の意見が反映されず,経済やまちの活性化にも影響します.

 以上の事から今後の10年は,女性の「社会進出・社会参加」を推進することを大きな柱として,具体的には出産・育児に対する支援や就労・労働環境までを含めた女性への支援を総合計画の中で位置づけることを提案しました.